生業であり、趣味でもある漫画や特撮、玩具などについて。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『群龍割拠 猫とドラゴン展 in 台北』レポート
『群龍割拠 猫とドラゴン展 in 台北』の様子が
『猫ドラ展』の公式サイトにアップされました。
開田裕治さんによるレポートです。

私がライブドローングしてる様子も写ってます。
他にも記念撮影とか記者会見とか。

>「群龍割拠猫とドラゴン展」
TOPページ左上の「台北レポート」のタグからどうぞ。
スポンサーサイト
台湾国際ブックフェアに行ってきました(2)
てなわけで、台湾国際ブックフェアの2日目に描いた
ライブドローイングを紹介します。

前日に描いたものとは切り口を変えたかったので
用紙の向きを横から縦に、怪獣から人物キャラメインに
勢いで見せる筆ペンから、緻密さのドローイングペンに
と、まったく違う感じで行くことにしたのですが、
当然、前日の絵よりかなり時間がかかることが予想されました。
しかもその日は帰国する当日なので、
会場にいられるのは15時までとケツも決まってます。
時間内に完成させられるのか、一抹の不安が。

taipei_livedrawing2a.jpg
最初に描いたのはカナビーだとわかりますね。

10時半頃から描き始めて、15時に完成。
食事の時間を除くと、正味4時間弱の作業時間でした。

taipei_livedrawing2.jpg
こちらが完成。
最初の構想通りかというと、必ずしもそうでない部分もありますが、それも含めてライブの醍醐味と言うことで(笑)

taipei_livedrawing2c.jpg
『YAT』から、頭頂部のゴローと、口の中のヤマモト。

taipei_livedrawing2d.jpg
頭部に続く首のハシゴ付近。
『YAT』からウッチーとカナビー
はしごを上ってるのは『じじばば(サシミ)』から
なぜか選抜された小山内くん。

taipei_livedrawing2f.jpg
その左斜め下、胸部中央にはじじばば。
乗ってる皿は、メーサーのパラボラという設定。
『銀髪戦争』は『じじばばファイト!』台湾版のタイトル。

taipei_livedrawing2b.jpg
その上、右肩あたりには『土偶ファミリー』の
土偶寺次郎と金城恵美。次郎ピンチ!

taipei_livedrawing2e.jpg
そして地上には金城明美とモアイケル。
モアイケル描いたのなんて何年ぶりやら。

というわけで、機龍の残骸にキャラクターが16体。
私としては、ちょっとチャレンジングで
楽しさと緊張感を感じられた時間でした。

日本でも見てもらえる機会が作れればいいなあ…と思っております。
台湾国際ブックフェアに行ってきました(1)
ずいぶん遅くなってしまいましたが、ご報告です。
前の日記でも書いたように、このたび『猫とドラゴン展』のプロモーションということで「台湾国際ブックフェア」に招待されまして、1月28日から31日までの4日間、加藤直之さん&開田裕治ご夫妻とともに、台湾は台北に行ってきました。

ホントは台湾のホテルのこととか、市場のこととか、色々書きたかったんですが、台湾行きと、それに続くヤマト講座などで時間が無くて…(^^;)

そんなですが、自分がやったライブドローイングの作品くらいは紹介しておきます。

taipei_livedrawing1b.jpg
ブックフェア初日に描いたのは、こちらの平成ゴジラ怪獣たち。
東宝怪獣を描いていいかについては事前に話をつけてます。
タイムスタンプから推し量るに、ここまで1時間半くらい。

taipei_livedrawing1.jpg
モスラ幼虫、ラドン、上空のドラゴンたちを描き加えて完成。
サイズがB2と大きいので(会場が暗めなこともあるかな)、
iPhoneのカメラでは全体にピントは合わないですね。

taipei_livedrawing1c.jpg
全体写真ではピンボケだったモスラのアップ。

taipei_livedrawing1d.jpg
同じく、ビオランテの頭部アップ。

二日目に描いた絵は、また明日にでも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。