生業であり、趣味でもある漫画や特撮、玩具などについて。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
劇場版セイザーX雑記・その1
 「劇場版セイザーX」も公開されたので、この作品にまつわる思い出とか裏話など、思いつくままに書いてみようかと。映画の内容に触れる部分もあるかと思うので、いわゆるネタバレを気にする方はご注意を。

 私はデザインワークスとして、このシリーズでずっと主に主役メカのデザインを手がけてきました。主役のロボというのは商品になるし変形もする、しかもアニメじゃないので着ぐるみに落とすことも考えなきゃいけない。というわけで、玩具サイドと、スーツやミニチュアの造形と、さらには監督の意向も取り入れてと、そういう間に立って調節するような仕事になっちゃって、なんか色々ややこしいのです。

 で、今回の劇場版で偽の幻星神が登場しますが、ケンライザ-とニンライザーには胸の飾り以外にTVシリーズと違っている点があったのにお気づきでしょうか。

 偽ケンライザーの違いは「目」ですね。TVでは黒いゴーグル状でしたが、映画の偽物はその中に目が光っています。あれは電飾なんですが、映画のために仕込んだのではなく、元々ああいう風に作られていたのです。でもTVでは最後まで使われることはありませんでした(玩具では目が光るのがありましたね)。
 川北監督には、正義の味方は優しい目のほうがいい、という思いがあるようで、「ゴジラVSキングギドラ」でメカキングギドラの目を丸くしようというのも川北監督のアイデアでした。セイザーXの流星神も、デザイン画に比べるとかなり目が大きく丸くなっています。ケンライザーの電飾の目は、ちょっと悪人面過ぎる、と感じられたようです。まあそれを逆手に取る形で、今回の悪の偽物で利用するという提案をした訳ですが。あと、目があるとボスキートにも何となく似てますしね。

 同様に、偽ケンライザーもTVで登場しなかった形態が偽物として日の目を見ました。雑誌等では紹介されていたブレイズモードです。ただ、あれはそもそも川北監督の希望で追加したモードだったんだけどなあ・・・(^_^;)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。