生業であり、趣味でもある漫画や特撮、玩具などについて。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミケ終わりました~よいお年を
10数年ぶりのコミケにして10数年ぶりの新刊、申し込みから全て自分でして参加したのは初めてという今回のコミケ。初参加からは20年以上になるというのに、初めての新人のようにドキドキでしたが、何とか無事終えることが出来ました。

場違いな特撮ゾーンの真っ只中で、しかもここ以外ではほとんど告知もしていなかったにもかかわらず、多くの方に来て頂いて、想定していた採算ラインを超える部数をお求めいただきました。どうもありがとうございました。場違いだったことが幸いして(?)比較的のんびりとした状態だったので、サインや色紙、スケッチブックなどの依頼も全てお受けすることが出来ました。

久々のコミケ参加で思ったのは、人と人が直接触れ合う場としてのコミケの重要性です。形としては本などの売買かもしれませんが、直接顔を合わせて、嬉しそうな顔を見せてもらい、励ましや応援の言葉をもらうことがどれだけ力になるか、改めて再認識させてもらいました。

今回のYAT本は同人誌復帰第1弾としては、時間の無い中、出来る限りがんばって形にしたつもりですが、不満もあればやり残したこともあるので、まずは第2弾を構想しつつ、しばらくはコミケ参加を継続しようかなという気になっています(受かればですが)。…あ、会場で申し込みセット買い忘れた。(^^;

最後になりましたが、土壇場のお願いにも関わらず、快く助けてくれたお手伝いのお二人にも感謝です。そのうちのお一人は、YATのキャラデザの工藤裕加さんの妹さんなのですよ。

それでは、今年もあと1時間を切りましたが、皆さんよいお年を。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
当日はありがとうございました!
受けていただけたらいいなと思いつつ、人づてに聞いたスケッチブックを用意して本当に良かったです。

お忙しいとは思いますが、第二弾楽しみにしております。。
2010/01/01(金) 14:07:42 | URL | うなぎ #JalddpaA[ 編集]
お疲れ様でした!
「手ずからの価値」というのはとてもよく分かりますね、双方にとって。

そしてその頃、僕は京都で「ETV50~もう一度見たい教育テレビ」の特番で「YAT安心!宇宙旅行」が並み居る強豪のなか、堂々の25位を獲得してる事実にひとり感動していたのであります(笑)

いや、おめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
2010/01/01(金) 15:15:06 | URL | ソノヤマ #-[ 編集]
買わせていただきました
西川先生コミケお疲れ様でした。31日の私の一日の行動はまずコミケにいく、YAT本を買う、会場に着いたのが昼過ぎぐらいでしたので一緒に発売だったポストカードが売り切れで買えなかった事と先生に会えなかったことが残念でした。そして都内の某ネカフェで「もう一度みたい教育TVアンケート」の結果を観ました、堂々の25位!イサミに負けたのが悔しかったのですが個人的には十分満足できました。最後に1年の締めとしてYATの桂さんのCVをやってくださった椎名へきるさんのカウントダウンライブに行かせていただきました、正直な感想として物凄いへきるさんパワフルでした、まさに現代版桂さんみたいな感じでこっちが圧倒されそうでした。そんなこんなでYATな一日が終わりました。家に帰ってYAT本を読みましたが非常に面白く読ませていただきました、YAT本第2弾、その他の先生の新刊楽しみに待っておりますのでがんばってください。それにしても今回の桂さん以前先生が描いた桂さんに比べて若干色っぽくなっているように感じるのは自分だけでしょうか?
2010/01/01(金) 23:55:14 | URL | リョウ #-[ 編集]
冬コミケご苦労様でした。
当初通販希望の書き込みさせてもらったのですが何とか都合がつき当日購入させていただきました。ご迷惑とは思ったのですが先生にお声をかけさせてもらい、短い会話ではありましたが気さくな受け答えに充実した時間をいただけました。
私はこういうイベントで本を買ったりしたのも初めてだったので本当にこういう「人と人のふれあい」を実感できたコミケに参加する機会をいただけて有り難うございました。
次回も楽しみにしております。

2010/01/03(日) 02:31:59 | URL | もに #y7CMQvyw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。