生業であり、趣味でもある漫画や特撮、玩具などについて。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
S.H.MonsterArts 3式機龍発売!
バンダイの可動フィギュアシリーズ『S.H.MonsterArts』から、『ゴジラ×メカゴジラ』版のメカゴジラこと「3式機龍」が発売されることになりました。

>S.H.MonsterArts ゴジラ スペシャルページ

私の感想は、発売中の「電撃ホビーマガジン7月号」にコメントを寄せてますので、そちらもご覧下さいね。

複雑なパーツがガチャガチャ動く感じは、機龍のデザイン時に意識したポイントでもあるので、モンスターアーツ化は実に楽しみですが、1万円越え(10,290円)は20センチ弱のフィギュアの価格としては、やはり手を出すのに勇気のいるお値段。(^^;)

…まあ消費税抜きで見れば9,800円で、ギリギリ1万円超えてないだけでずいぶん印象は違うんですが。

でも、これまでの同シリーズの価格を考えると、例えば一番比較しやすい「VS版メカゴジラ」の場合、本体とガルーダを合わせた値段は 9,450円。

機龍と千円も違わないわけで(機龍はガルーダに相当する武器パーツ込みだし)、機龍は首や尻尾など関節も多く、パーツ構成も複雑なことを考えると、実は妥当な値段なのかなとも思うのですが、ビームなどのエフェクトパーツやスタンドなど、空間的な広がりの出るオプションがあれば、だいぶ(小さいのに高いという)印象も違うと思うのです。

まあ要するに、どうせ買うんだから自分を納得させる理由を考えたいということですかね。(^^;;;)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。