生業であり、趣味でもある漫画や特撮、玩具などについて。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビオランテが届きましたよ。
予約していた『S.H.MonsterArts ビオランテ』が届きました。

shm_biollante1.jpg

「S.H.MonsterArts 史上最大!」ということで「どんなデカいものが来るのか!?」と、ビビりつつも期待してましたが、届いてみれば箱自体は思ったほど大きいものじゃありませんでした 。

それよりも、これまでの S.H.MonsterArts シリーズと違って、中の見えないパッケージがちと寂しい。通販限定で店頭でアピールする必要がないからかもしれませんが、もにょもにょ……。まあ大きさ&重さから、窓を開けると強度的に問題があったのかもしれませんね。

出してみると、まあやはりそんなに「でかっ!」て感じじゃありません。思うに、自分がソフビ者だったので大きさの基準が違うのでしょう。しかし逆にその分、持った時は「重っ!」って感じでした。

shm_biollante4.jpg

底面はこんなふうになってまして、スイッチの左右で腹がオレンジか赤に発光します。「電池BOXにタブが付いてない!」と思ったら、電池は入ってませんでした。ちなみに使用するボタン電池は一般的な「LR44」。

shm_biollante2.jpg

お気に入りの海外TOYの「足のあるビオランテ」とのツーショット。この足付きビオランテが高さ11センチくらい(触手除く)で、こんなサイズ感。

なんか不満があるような文章になってる気がしますが、あくまで「思ったほど大きくない」ということを言ってるだけで、出来は素晴らしいですよ。これまで持ってたビオランテのフィギュアが、足付きTOYと、M1号のレトロ風ソフビだけだったので、これは家にやってきた初のリアルなビオランテフィギュアになるわけです。しかも動いちゃう。

それに、あまり大きくないと言ったけど、四方に広がる触手による面積の占有率はかなりのもの(笑)。このビオランテを鎮座させるために、超合金の機龍3体とメカゴジラ1&2の計5体に、箱の中に退場して頂くことになりました(^^;)。

ここで、先頃発売された『S.H.MonsterArts 3式機龍』とのツーショットを。

shm_biollante3.jpg
(オイ!)

私のデザインした怪獣は、ゴジラファミリーや機龍を除けば、いわゆる「非ゴジラ型」のヤツばかりで、フィギュアにするには「デカい・作りにくい・遊びにくい・高価になる・好みが分かれる…」などなど、二の足を踏む要素満載で、あまり商品化に恵まれませんでした。

それが今年に入って、私がゴジラ映画でデザインした怪獣の中で最新の3式機龍(ファイナルウォーズのはアレンジ程度なので)と、最初のビオランテが相次いで発売となり、加えて地球防衛軍秘密基地さんからメカキングギドラのフィギュアを頂いたりして、一気に華やかに(?)なりました。まさに「寂しかった僕の庭にバラが咲いた〜♪」ってとこですね……って古っ!!(^^;)

今年は私の漫画家デビュー25周年だったんですが、自分ではあまり仕掛けられなかったけど(そのくせ『宇宙戦艦ヤマト1966くらい』とかやってるし)、なんか周りから盛り上げてもらった感じです。そうそう、『YAT安心!宇宙旅行』のチャンネルNECOでの放送も始まるしね!!(^^)

そんなわけで、残りあと1ヶ月ちょっととなった25周年の年ですが、今もいろいろ動いています。ひとつくらいは年内にお知らせできるかな?…でもその分、冬コミの準備に割く時間が……なんか出せるかなあ(^^;)。

あ、そうそう、冬コミ当選しました。
12月30日(月)東B-40b
です。よろしく〜。

通販コーナー「MASHBOX」もよろしく〜。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。