生業であり、趣味でもある漫画や特撮、玩具などについて。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このままでは英理加が死んでしまう
 丁度1ヶ月くらい前、東宝版フランケンシュタインのような「自己再生マウス」の話題を取り上げましたが、またも東宝特撮の世界が現実になったような記事を発見。

故人のDNAを含む木を「生きた墓標」に

「ゴジラVSビオランテ」であんなことを考えた白神博士は異常かと思えば、案外受け入れられる考え方だったのでしょうかね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。