FC2ブログ
生業であり、趣味でもある漫画や特撮、玩具などについて。
大怪獣バトル ウルトラアドベンチャー&NEO
15日に入稿。朝には終わるつもりが夕方までかかる。おかげで徹夜明けのまま休憩無しに打ち合わせに行く羽目に。

ケロケロエースの『大怪獣バトル ウルトラアドベンチャー』、実は今月から『NEO』も新連載開始で2本立てに。といっても、これまでの「カラー2ページ&モノクロ40ページ」をいきなり2倍には出来ないので、モノクロページを8ページ増量の48ページにして、2本に配分することに。基本は24ページ×2で考えてるんだけど、今回は新連載ということで『NEO』を32ページ、従来の『アドベンチャー』を16ページに。 …ということで『アドベンチャー』のほうはあまり話が進んでないけどそれはまあ仕方なし。

で、『アドベンチャーNEO』ですが、ゲームでご存知の通り、主人公のパートナーはカネゴン、使う怪獣はレッドキング。
最初、主人公怪獣がレッドキングと聞いたときはピンと来なかったけど、ノリが深刻っぽいイオの話とは違って、NEOのカネゴンとアイ君はお気楽おバカコンビなので、レッドキングも「暴れん坊」と同時にもう一方の「バカ」というキャラクター性を前面に出せば、これは馴染むと判断。
というわけで、2本の漫画は「マジメ」と「バカ」の棲み分けで行こうと。絵柄もNEOは少々シンプルに線も太く。作品のノリとしては、自分本来のテイストに近いので、より自然体で描けて面白いものになってるんじゃないかと。

で、『NEO』のもうひとつのポイントは『ウルトラマンティガ』の世界であるということ。
といっても主人公の少年アイ君の視点でしか登場しないわけですが、ここにきてティガやGUTSが漫画になるというのは不思議な感覚が。メビウス以外の平成ウルトラマンって、漫画の印象ないですもんね(ギャグを除く)。

従来の『アドベンチャー』の方も、ついに「石の巨人」のところまで来て、2本の『大怪獣バトル』漫画は同時に『ウルトラマン漫画』にもなったという、ちょっとした転換点になってますので、お楽しみにということで。
今月の漫画あがり
昨日あがりました~。「大怪獣バトル・ウルトラアドベンチャー」。

もう第13話、早いもんですね。これが収録されるのは第4巻になるのかあ。
イオとピグモンはついに「伝説のレイオニクスの星」ボリスに降り立ちます。するってえとどうなるかってえと、これまでみたいにただ怪獣が出るのではなく、それぞれに操ってるレイオニクスの宇宙人が付いてくるわけですね。つまり描かなきゃいけないキャラも倍増と。

UA13話の面子ソフビ

…で、写真のようなことになるわけですね。
17体います。これ全部今回1回に登場する奴らです。
実は他にも、ソフビが無いので並んでないブルトン、EXエレキングと
さらにレイブラッド星人も出てるので、総勢20名様ご案内ですか。

ちなみに、データカードダスのゲームスートリーをご存知の方が見ると
「あれ?あいつらがもう登場?」って面子が混じってるのがわかると思います。
さて、これはいったい…
毎日なにかと描いてます
先月は「大怪獣バトル・ウルトラアドベンチャー」の原稿が終わった後も、ず~っといつも何か描き続けてる感じでした。

恒例のテレマガのUMAのイラストとか、知人から引き継いだ企業サイトのイラストとか。パイレンジャーも編集やMAやって完パケに。

大怪獣バトルもいつもの連載以外にデータカードダスがらみでいろいろ描き起こしたり、単行本第2巻の準備もあって、カバーイラストが昨日完成、これから本文の修正などしつつ、連載の次回分のネームもそろそろ完成させないと。

そう考えると、既にスケジュールはパンク寸前なんだけど、そんな中でも今週は「空へ~救いの翼」の0号試写とか、ギャラクシーの第1話完成披露試写とか、出向いて行こうってんだからどうしたもんでしょう。(笑)
ウルトラアドベンチャー単行本第1巻発売
一昨日の26日から、店頭に並んでるはずの『大怪獣バトル ウルトラアドベンチャー』単行本第1巻、見てもらえたでしょうか。私はまだ見てないんですが。(^_^;)
付いてるカードは『ゴモラ超振動波(ゼロシュート)』。NEO第1弾で初登場のスーパーレアカードなので、持ってない人も多いと思います。しかも威力もアップしてるので、ぜひゲットしてくださいね。

また、同じ日に発売になった『ケロケロエース』の連載では、ついにペダン星編が終結。ゴモラの超振動波を戦いに応用するきっかけが描かれたり、イオのレイオニクスバトルに対する決意が語られるなど、重要な回になってます。ペダン星のエピソードは、12月から始まる『ウルトラギャラクシー 大怪獣バトルNEO』ともリンクした重要ポイントなので、単行本になるのを待ってるという方も、リアルタイムで押さえておいてほしいところです。

さて、当日は毎月定例の『大怪獣バトル』の打ち合わせでもありました。前日に銀座で開催中の、開田裕治さんの個展でも見た「NEO第3弾」のキービジュアルも再確認。今後のラインナップも、納得のキャラや意外なキャラがないまぜとなって非常に楽しみ。第3弾には私が子供の頃から大好きだった怪獣も入ってるので、これが出たら(絶対弱いだろうけど)ぜひ使ってみなければ。
そういえばWiiの『ウルトラコロシアム』の発売も近づいてるし、『ウルトラ超8兄弟』も好調なようで、ウルトラはまだまだ元気、というかますます盛り上がっていくことでしょう。漫画の方も、次回からちょっと意外な(?)新展開があるかも。なので、どうぞいろいろご期待ください。
ウルトラアドベンチャー第11話
昨日の朝、描き上がりました。40ページで1週間かかったかあ。 今回は超獣軍団いないからラクチンみたいなこと言ってたのになあ。(笑)
まあ描き始めるタイミングでのゴタゴタとか、 執筆真っ最中での猫の死とか、 今回はいろいろあったので、ギリギリでもなんとか 間に合っただけでもよしとすべきか。
「大怪獣バトル」単行本発売まであと20日
本日は特撮ニュータイプの取材に同行して、日活撮影所で撮影中の「ウルトラギャラクシー」の現場にお邪魔してきました。明日で本編はクランクアップということで、まさにクライマックスシーン。とにかくこの第2部は、想像以上にすごいことになりそうで、ますます期待が高まります。

さて、私が「ケロケロエース」で連載中の漫画「大怪獣バトル・ウルトラアドベンチャー」も、20日後の9月26日に、ついに単行本の第1巻が発売となります。描き下しイラストの「大怪獣バトル・ウルトラモンスターズNEO」のスーパーレアカード「ゴモラ・超振動波(ゼロシュート)」も付いて、お値段は無理して500円に収めてますので、みなさん買ってくださいね!

ただ、心配事がひとつ。
それは、カードが初版にしか付かないので、カードの転売目的で買い占める人が出ないかということ。児童誌のコミックスなので、そう大量に発行するわけではありません。もし一部の人の買い占めで、本来の読者である子供たちや、漫画の中身を楽しみにしてくれてる人たちの手に渡らないようなことがあったら、これは大変悲しいことです。特に子供は誰もが発売日に買いに走れるわけではなく、書店も減っている今、お出かけでスーパーに行ったりするまでチャンスが無かったりするので、非常に心配です。
なので、今から買おうと決めて頂いてる人、お子さんに買ってあげようと思って頂いてる親御さんは、ぜひ書店に予約をしてもらえたらと思います。
Wii「大怪獣バトル ウルトラコロシアム」
バンダイナムコ、ウルトラ怪獣がWiiで激突Wii「大怪獣バトル ウルトラコロシアム」
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20080821/dai.htm

当初は夏と言われてたのが延期になってましたが、ようやく正式な発売日が出たようで。 これを機に、前回の日記でもちょっと触れたネタの詳細を。

このニュースのページに、いっぱいゲーム画面の画像が出てますが、ストーリーモードに「ペンドラゴン」に似て非なる宇宙船が登場してるのがわかるでしょうか。

あれは実は、漫画『大怪獣バトル・ウルトラアドベンチャー』の第1話に登場している、オリジナルの宇宙船なのです。『ウルトラアドベンチャー』はギャラクシーの約50年後の物語ということで、宇宙船も少々バージョンアップ(?)させて登場させたのです。ペンドラゴンがガンダムとしたら、量産型の発展型ということで、ネモあたりのイメージ?なので、エンジン推力などはアップしてる一方、ドラゴンスピーダーは廃止されてる、という設定。

これをゲームの制作チームがおもしろがって使ってくれたということのようです。しかし、漫画ではほんのチョイ役なので、ラフなデザイン画しか起こしてないし、漫画の中では横とか下とか後ろだけで、肝心の前方パースが一枚も無かったり。
…いやぁ、そんなのを元に、よく作ってくれました。でもこれであの型の宇宙船は、漫画の世界の25年前には存在してたことになるんですね。